ブライトリングのナビタイマーを売買【ブランド品の扱い方】

ウーマン
  1. ホーム
  2. 高額な取り引き

高額な取り引き

アクセサリー

投資目的で取引されることが多いインゴット

金を延べ棒のような塊にした物を、金のインゴットと言います。インゴットには決まりがあり、製造メーカー、製造番号、重さ、純度を認定するフォーナインと呼ばれる刻印が揃うことで、初めてインゴットと認定されます。金のインゴットは、純金よりも高い相場で投資を目的として取引されることが多いです。金のインゴットを1度に200万円以上売却した場合、買取店は国に申告する義務があります。また、個人で売却した場合でも税務署に必要書類を提出する必要があります。現在、金を投資目的で保有している人は多いですが、税金のことを考えると長期的なスパンで売却していく方が有利になる場合もあります。金の売却は、相場を見て売り時を見極めることが非常に大切なのです。

評判の良い買取業者を選ぶ

様々な種類のインゴットがありますが、人気があるのはやはり金です。今の世の中は非常に不安定なので、金のインゴットを資産として購入する人が増えています。最近はインゴットの買取業者が増えたこともあり、良い条件で買取をしてくれる業者も多くなっています。インゴットの買取業者を選ぶ時は、評判の良い業者を選ぶことが大切です。最近は、支払調書の提出に抵抗があるという顧客のために、インゴットの分割加工サービスを行っている買取業者もいます。分割加工することで、1日の取引金額を200万円以下に抑えることができ、支払調書の提出義務がなくなるのです。但し、切断して加工すると地金のプレミアムがなくなるので注意が必要です。